ブリーチ毛でもパーマをかけれる『酸性パーマ』始めました。

こんにちは!パーマ好きスタイリストのYOSUKEです。

今日はブリーチパーマのお話。

今までブリーチ毛にパーマは【絶対ダメ】と言われてきました。その理由としては

・髪へのダメージが他の施術に比べて圧倒的に多い。

・綺麗にかかりづらい。

・色が落ちてしまう。

そういったネガティブポイントに対応した酸性のお薬でパーマをかけるのが【酸性パーマ】です。

THEORDERではブリーチをする方が多く、

そんなお客様にもパーマをかけれる様になればと研究、勉強し今回『酸性パーマ』を取り入れました。

 

全部説明するのは逆にわかりづらくなってしまうのでここでは簡単に『酸性の何がいいのか。』を解説して行きます。

ほぼ全ての薬剤施術(パーマ、ブリーチ、ヘアカラー、縮毛矯正など)にはアルカリが入っていて髪をアルカリ性に寄せることで薬がしっかりと作用する様になっています。そして二剤で酸化と言って元の状態に戻すのですが、この作業が髪への負担を大きくしています。

そこで、酸性パーマはその名の通りダメージが多いアルカリを使わずに(正確には微量入っている薬もある)パーマをかけて行きます。アルカリ性に寄りづらいのでダメージを大幅に抑えてパーマをかけることができます。

ですがそこで疑問点

アルカリを使ってないのに薬は作用するの?

実は健康な毛ほど薬が作用しにくくアルカリが必要で(強めの薬が必要)ブリーチしている髪は実はさほど必要ないのです。

そこで活躍するのが酸性パーマ。


ハイライト、バレイヤージュなどの複雑履歴も対応。


部分的なブリーチしている状態も酸性パーマが得意としているものの一つです。

こういった場合には弱い薬でじわじわとかけていくのですが、ここでも酸性パーマが活躍します。

before

after

こういった場合には弱い薬でじわじわとかけていくのですが、ここでも酸性パーマが活躍します。


デメリット


先ほども説明した通り、

アルカリ(ここでは強めの薬)が無いとかからない髪もあります。

酸性パーマ自体一般的には弱めな薬になるので健康毛には向いていません。

※ダメージを考慮して酸性パーマでかける事は出来ますが、すぐ取れてしまうパターンが多いです。

あと酸性パーマは香りが独特なので美容院の匂いで気分が悪くなったりしたことがある方は注意が必要です。


近未来的な【酸性パーマ】。

ブリーチ、縮毛、ストレートをしている方などどんな方でも一度ご相談下さい

salon information

【THEORDER】

052-265-8253

名古屋市中区栄3-32-24 コジマテントビル7F

平日11:00〜21:00

土日10:00〜20:00

月曜定休

cut ¥5500

color ¥6500〜

bleach ¥6000〜

perm ¥7000〜

(care perm bleach+¥1000)

スタイルやご予約メニューのご相談などは僕のINSTAGRAMまたはTHEORDER電話番号までお問い合わせ下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です