オイルカラーiNOAで髪を暗く染めた場合の発色と艶感

こんにちは、スタイリストの石川です。

石川 治

最新オイルカラーのiNOA

このブログでも検索が毎日かかっていて関心の高さが伺えます。

これまでもこのブログでも繰り返し紹介してきました。

 

関連記事

THEORDER春の新カラーメニュー!ダメージレスな最新オイルカラーiNOA登場

最新オイルカラーiNOA!実際に使ってみた感想と仕上がり

オイルカラーiNOAで髪を明るく染めた場合の発色と艶感

今回はiNOAで髪の明るさをしっかり落とした場合どのように発色するか書いてみます。


オイルカラーiNOAで髪を暗く染めた場合の発色と艶感


 

染める前の状態

img_3519.jpg

ご覧のようにかなり明るく抜けたロングです。

また表面の毛先は特に退色が進んで黄色くなってますね。

今回は明るさをしっかり落としつつ透明化は残るグレージュっぽい仕上がりにしたいので、使用する薬剤はこちら

c47da686-4f68-4797-96e8-87568fa8ea4f-43547-0000156eaa0685bb_file.jpg

6レベルのブルーと5レベルのブラウンに補色でパープルを混ぜてカラーします。

仕上がりがこちら

img_3526.jpg

しっかりと色落ちしつつ重くなりすぎない自然な暗さになりました。

672fc691-7176-4402-9288-9d61d1e2d267.jpg

ビフォーの状態と見比べると一目瞭然。

オイル発色による暗めでもしっかりと発揮する艶感は他のカラーには無い強みですね。

img_3533.jpg

巻いても毛先の輝きはしっかり残ります。

ちなみカラーをiNOAでされた場合の追加料金は通常のカラーにプラス¥1620になります。

色味よりも艶感を出してダメージを抑えたい場合は断然iNOAがおすすめです。

是非お試し下さい^^

それでは!

石川治instagram

石川治個人ブログ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です